ビジョン

■創業の経緯

我々は、金沢市東山でビールを作っています。2015年、私は一年弱をかけて世界中を旅し、どこでもクラフトビールが盛り上がっていることを感じました。裏庭の一角から修道院の醸造所まで、いろんな理想を持ったビールとの出会いに心が躍りました。「とりあえずビール」に代表されるモノトーンな日本のマーケットとは違い、キシリトールを使ったビール、氷河の水を使ったビール、それ以外にも無数のユニークなビールに出会い、面白いと思いました。

■造りたいのはローカルでユニークなビール
自社の醸造所では金沢という土地にこだわってビールを造っています。「①金沢ゆず、加賀棒茶などここにしかない素材を副原料にしたビール」「②鮮魚を中心とする和の食事に合わせたビール」の二つです。すでに世界はおいしいビールであふれていますが、我々もここで自分たちにしか作れないビールを追求し、金沢の食文化に貢献したいと思います。

■お店ではビールの奥深さや楽しさを伝えたい
お店で提供したい価値、それはビールを味わって飲み比べるというスタイル。ビールは、麦芽の配合、ホップの使い方、イーストの種類、醸造工程や提供タイミングなどで大きく味わいが異なります。そんな個性を飲み比べることを通して、ビールの奥深さや楽しさを伝えたいと思います。

■そして、地域のエコシステムのエンジンに
さらに、ビールを作る工程を通して、仕入先や卸会社、取扱店を中心とする地元各社と協業し、地域経済のエンジンになりたいと思います。ホップの育成や、エコフィード、地域限定のオリジナルビール作りにもチャレンジしていきます。

 

代表取締役 田中 誠