醸造所

オリエンタルブルーイングの醸造所は金沢市の奥座敷、湯涌温泉地区にあります。

美味しい水と空気、落ち着いて醸造に打ち込める環境を求めて山間部に醸造所を設けました。

また、適切な設備が、高品質なビールの醸造には欠かせません。

2019年に最新鋭の設備を導入し、高品質と高効率の両立を目指しています。

 

地域との協業にも積極的に取り組んでいます。

例えば、屋外には脱水機を備え、使用済み麦芽の水分を切ったうえで、地元農家に提供しています。

また、ビール瓶のリユースを積極的に推奨しており、回収した瓶は洗浄・再利用しています。

さらに、同地区では小規模ながらホップ栽培を行っており、秋には地元産ホップのビールを仕込んでいます。

これらの取り組みを通して、地域の皆様とも共生する「ローカル・ブルワリー」を目指しています。